東京都台東区にてワイン、日本酒・地酒、本格焼酎とクラフトビールを取り扱う酒屋です。 鈴木酒販 小売部(店舗)|営業時間11:00-21:00 水曜定休 | 日比谷線三ノ輪駅徒歩1分。

商品カテゴリー

ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円(税込)

カゴの中を見る

ホーム > ワインをタイプから探す > 白ワイン > グリド甲州 2015/中央葡萄酒 (グレイスワイン)

グリド甲州 2015/中央葡萄酒 (グレイスワイン)

商品コード 13661
価格 1,944 円(税込)
発送日目安 3~4日後
申し訳ございませんが、ただいま品切れ中です。
生産地山梨県
ワイナリー名中央葡萄酒
容量750ml
タイプ白/辛口タイプ
葡萄品種甲州

商品コメント

山梨県産甲州種を使用し、料理との相性を第一に考え、親しみやすく飲み心地良い味わいのワインを目指しました。

「グリド甲州」は1999年がファーストヴィンテージで、甲州の果皮の色を表すGris(仏語:ピンクがかった薄灰色)を日本で初めてワイン名として使用し、名づけられました。
弊社社主三澤がアルザスで見たピノグリの可能性に魅せられ、甲州とピノグリの共通点に日本ワインの可能性を見出した事が商品開発の発端となっております。
まだマリアージュという言葉に馴染みがなかった頃、「日本の食卓に溶け込めるような日本ワインを造りたい。」という想いを形にしました。

甲州の果皮の特徴を生かし、フルーティな香りに爽やかな酸味、ほのかな甘み、程良い渋みと旨味があります。
甲州の特徴を最もよく引き出したワインとして知られるようになりました。
鮮度の良い魚介や野菜はもとより、しょうがや味噌などの調味料ともうまく調和し、相性料理の幅はとても広いワインです。
(ワイナリー資料より)


ステンレス醗酵
生産本数:90,000本
Alc.12%

【生産者紹介】

中央葡萄酒は、日本ワイン発祥の地、山梨県勝沼町に1923年に創業。グレイスワインの名で親しまれてきました。現在は、日本で千年以上の歴史を持つ甲州を中心に醸造しています。甲州ワインの品質の向上、そして日本の代表品種としての「甲州」を世界へと広めるための努力を重ねています。土と栽培努力、そして醸造家の信念が一体となったワイン造りをたゆまず続けて参ります。

勝沼は甲府盆地の東端に位置する日本一の甲州種ブドウの生産地です。長く生食用ブドウの産地として発展してきましたが、明治初期から本格的なワイン醸造が始まり、ここ十数年における白ワイン・甲州の品質向上は目覚ましいものです。しかし、甲州種の栽培面積は減少傾向にあり、ここ勝沼においてもワイン醸造用に甲州種ブドウを確保するのが年々難しくなっています。中央葡萄酒では、契約農家との信頼関係に基づき、歴史ある勝沼の甲州種を最も大切なワイン用ブドウとして、世界に誇れる甲州のワイン造りを目指します。
(生産者HPより)

お買いもの上のご注意 ~お買いもの前にご一読下さい~

※在庫について

当店は、商品の在庫を実店舗と共有しております。ご注文のタイミングやご注文の数量によりましては、店舗在庫を上回り、商品ページに在庫数が表示されている場合でも商品をお取寄するため日にちがかかる場合がございます。誠に恐れ入りますが、予めご了承下さい。

※欠品などがある場合、メールかお電話にてご連絡させて頂きます。

※メールが届かない場合

ご登録のメールアドレスに「ドメイン指定受信拒否」などの制限を設定されているお客様は、「suzukishuhan.com」と「suzukishuhan.co.jp」が受信できますよう受信設定をご変更ください。それでも解決しない場合は、お早めに当店へお電話下さいますようお願い致します。

このページのトップへ